夏の最後は信州旅行

ここ数日、朝晩は秋の気配を感じられるようになった。信州はもっと涼しいかな?と期待しつつ松本へと向かう。

This is our family’s last trip this summer. In the past few days, we have been able to feel a hint of autumn in the mornings and evenings. I headed for Matsumoto, hoping that it would be cooler in Shinshu. I headed for Matsumoto, hoping that the weather would be cooler in Shinshu.

ここは中央高速から長野道に入る岡谷ジャンクション、松本まではあと20分くらい。今回の旅の目的はセイジオザワ松本フェスティバルのオペラ「フィガロの結婚」を観る?聴く?ことである。家を早めに出発したので時間はたっぷりあるし、松本城に行ってみることにした。

Here is the Okaya Junction where we enter the Nagano Expressway from the Chuo Expressway, about 20 minutes to Matsumoto. The purpose of this trip was to watch the opera “The Marriage of Figaro” at the Seigi Ozawa Matsumoto Festival. Since we left home early, we had plenty of time, so we decided to visit Matsumoto Castle.

松本には20年くらい通い続けているけれど松本城を近くから見るのは初めて。1504年築城だそうですが壮大で美しい。

I have been visiting Matsumoto for about 20 years, but this is the first time I have seen Matsumoto Castle from close up. 1504 is said to be the year the castle was built, and it is magnificent and beautiful.

昔は天守閣からの眺めはこんなだったらしい。

The view from the castle tower used to be like this.

まだ時間があるので、あがたの森公園に行って散歩することにした。

Since there was still time, I decided to go to Agata no Mori Park for a walk.

ここです

Here it is.

さあそろそろフェスティバル会場に向かいましょう。

Now it’s time to head to the festival site.

松本市内は至る所にこの旗があり、歓迎ムードでいっぱい。

The city of Matsumoto is filled with a welcoming atmosphere with these flags everywhere.

ここがコンサート会場の松本市民芸術館

This is Matsumoto Citizen’s Art Center, the venue of the opera.

座席は4階席です。オペラは料金が高いからね

The seats are on the fourth floor. Opera is so expensive.

今回のオペラでは舞台と同時に指揮者の沖澤のどかさんにも注目していました。沖澤さんは2019年にブザンソン国際指揮者コンクールで、日本人としては小澤征爾、山田和樹に続く3人目の優勝者になった。その指揮する姿はとても優雅で、言い過ぎかもしれないけどカルロス・クライバーを思い浮かべましたよ。

In this opera, I paid attention to the stage as well as to the conductor, Nodoka Okisawa. Ms. Okisawa became the third Japanese winner of the Besançon International Conducting Competition in 2019, following Seiji Ozawa and Kazuki Yamada. The way she conducted was so graceful that it reminded me of Carlos Kleiber, though that may be an exaggeration.

この日の最後は宿にチェックインして生ジョッキ缶!

We ended the day by checking into the inn and toasting with a can of draft beer!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です