稲村ケ崎

今朝、たまには違う場所を歩こうと思って稲村ケ崎に行った。134号線沿いの駐車場に車を停めて歩き始めたのですが、すぐに財布を持っていないことに気付いたのです。これでは駐車場から出ることができない、どうしよう?

途方に暮れて辺りを見回すと、小さなカフェが目に入った。そこへ行き、事情を話してお金を借りようと思ったら、そのカフェと駐車場が提携していて「パーキング・サービスチケットを差し上げます。」とのこと。助かった! チケット3枚で1時間だから2枚あれば大丈夫ですねと言われて2枚いただいて出庫しようとした。

すると「何という事だ、、、」駐車場は1時間単位の料金なのでチケットは3枚必要だった。駐車券は入れてしまったし、取り消しもできない状態。そのとき、駐車場に戻ってきた釣り人が目に入ったので再び事情を話したところ、「どうぞお使いください」と100円差し出してくださった。本当に助かりました。焦っていたので写真は1枚しかありません。

この話には続きがあるので、また後日続きを書きます。

This morning, I went to Inamuragasaki to walk in a different place once in a while. I parked my car in the parking lot along Route 134 and started walking, but soon realized that I didn’t have a wallet. I can’t get my car out of the parking lot, what should I do?

When I was at a loss and looked around, I saw a small cafe. When I went there, talked about the situation and asked to borrow money, the cafe and the parking lot were affiliated and the shop staff said, “I will give you a parking service ticket.” Was saved! And the shop staff said, “It’s an hour with 3 tickets, so it’s okay if you have 2 tickets” and I got two and to returned to the car and tried to leave.

Then, “What the hell …” The parking lot was charged on an hourly basis, so I needed three tickets. The parking ticket has been inserted and cannot be canceled. At that time, I saw an angler returning to the parking lot, so when I talked about the situation again, he offered me 100 yen, saying “Please use it.” That was a really big help. I was upset so I only have one photo.

There is a continuation of this story, so I will write more later.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です